上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
レースウィーク最終日、決勝の朝。
懸念された雨だが予想通り、降っている・・・
寒い。

自由席は早い者勝ちなので早起きしてバスに乗り込む。
3日間とも迎えのバスはすぐに乗れた。

ほぼ一番乗りだったので、まだ人も少なく
シケイン手前のベストポジションを勝ち取る。
ここまでは非常に順調だ、4時に起きた甲斐がある。
DSC_2276.jpg

決勝レースは荒れた。
雨のためペースカー先導でそのままスタート
フェラーリはタイヤ選択にミスがあったらしく、すぐにピットイン
最後尾にさがってしまった。
これでほとんど勝負ありって感じなので
もう順位は気にせずに、ドライバー全員に声援を送った。

やはり上位チームは速い、雨でも速い。
なんであんなスピードで突っ込んできて止まれるのか
ほとんど前など見えないハズなのに、コーナーイン側に飛び込んでくる
こんな雨量の中、ストレートで時速310km出している
車も凄いが、乗ってる人間が凄いんだと改めて思った。

DSC_2440.jpg

しかし寒い。
熱いレースと反比例するように私の体は冷えていった。
レインスーツを着ていたが、体温と外気温度差で内側に水蒸気が発生し
びしょびしょだ。

だがもうどうすることもできないので、そのまま放置

しばらくするとアロンソがスピンしてリタイヤ
レースはほぼ決まった。

ハミルトンの勝利がほぼ確定したところで
昨日の経験をふまえ、ここで席を立つ。

DSC_2313.jpg

早めに手を打つ。

だがしかし、考えることは皆同じ
通路にはすでに帰路へと向かう人々が。

土産物や食い物には目もくれずバス乗り場へと急ぐ
だがしかし、ここで予想外の難関が我々の前に立ちはだかった。

「誘導員がいないメインスタンド裏」

たぶんハミルトンがゴールした直後くらいだと思う
すでに大量の人間が観覧席から離れ、通路へ殺到していた
コントロールを失った人の流れというのは
もうどうしようもない状態だった。
人数が多い流れの方が勝ち、みたいな法則っぽい
まぁ要するにぐちゃぐちゃである。

14万人が一気に帰るのだ、事前に警備を配置しておくべきだろう
本当にバカだと思う。

一応柵みたいのは並べてあったが、固定されてないので意味がない
そんな物みんなどかして突き進む。

痛恨のタイムロスをしてしまった
バス乗り場が遠い。

DSC_2309.jpg

30分後、バス乗り場へ到着した我々を待っていたのは
信じられない光景だった。

人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人の山
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「なんだこれは・・・・」
「この列を待てというのか・・・・」
「死ぬのか、俺達・・・」

大げさではない、女子供には不可能な行列だ。
昨日の比ではない、数倍の人間が並んでいる。
上から見下ろすと、列は2周してから広場で管を巻いている、まるで人間の腸のようだ
とても捌き切れる量じゃない。
明らかにシステムが破綻している。

仕方なく列へ並ぶ・・・
歩いて近くのバス停へ行くとか、タクシーを捕まえるとか
選択肢はあったかもしれない・・・
しかし残りHP僅かになった我々パーティーには不可能な作戦だった。

永久に終わらないんじゃないかという錯覚に襲われながら
ゆっくりと、執拗にゆっくりと進む列にただひたすらと並ぶ。

雨脚は一時弱まったが、やむことはないようだ。

途中、昨日と同じような光景が見られる
泣き叫ぶ子供、倒れる女子、切れる若者、途方に暮れる外人・・・
もう限界だ、地獄だここは。

何時間たったのだろう、もう記憶がない
一気に列が進み始めた!
今までの膠着状態がウソのように流れる、流れる

「神よ!」
どんどんと進んで、バス停車位置が近づいてきた!

次だ!次のバスに乗れる!
ちょっと辺りが騒然としてきた
そしてバスが到着した時
歓喜の雄叫びが上がる!

やったー!
待ってましたー!
うぉー!

ちょっと涙ぐむ女子もいた
後ろから見ていたが、彼女はフラフラ状態だった
彼氏が懸命に励ましていたのである。

「何だろう、俺ちょっとレースより感動しちゃったよ」
友人が言う。

「俺も、バスが来てこんなに嬉しかった事は無い・・・」

運転手さんの「大変お待たせしました」という言葉が優しかった
疲れきった顔をしていた周りのみんなに笑顔が戻っていた・・・

過酷な戦いに終止符が打たれた瞬間だった。
自宅へ搗いたのは月曜の早朝である。

~おわり~


 問題点

・必要な道路が整備されていない
・会場に雨対策がされていない(飯を食う場所さえない)
・VIPを優先させるなら人目につかないようにするべき(腹が立つ)
・入退場を本当にシミュレートしたのか、疑問が残る
・C席
・あんな状況では地元に金が落ちない(みんなどこにも寄らずに帰る)
・警備がまったく行き届いていない(喫煙、ビデオ撮影、通路観戦)


総評

レースは良かった、バスは良くなかった

以上
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。